メニュー

映画の推薦映画の推薦

映画の推薦

>> 映画の推薦を希望される方へ

2021年2021年

2021年

推薦決定日:2021年12月17日

「クレッシェンド 音楽の架け橋」(松竹)ドイツ

上映時間:1時間51分

 有名ドイツ人指揮者のエドゥアルト・スポルクは、現在も紛争が続くパレスチナとイスラエルの若者たちによる混合オーケストラの指揮を引き受けたが、団員たちのいさかいが絶えず苦労の連続となる。ドラマ。社会的視野を広げ他者への想像力を醸成し、歴史についての知識と音楽への教養を高める作品として、年少者向けに推薦いたします。

推薦決定日:2021年11月19日

「シチリアを征服したクマ王国の物語」(ミラクルヴォイス)フランス=イタリア合作

上映時間:1時間22分

 旅の語り部ジェデオンと助手の少女アルメリーナは、吹雪を避けてもぐりこんだ洞窟で一匹の巨大な老熊に出くわした。二人は命乞いの代わりに、いにしえのクマの王レオンスの物語を語り始める。アニメーション。愛情をはぐくみ正義感を高める作品であり、視野を広げて想像力や芸術への感覚を養う作品として、年少者向けに推薦いたします。

推薦決定日:2021年10月15日

「コーダ あいのうた」(ギャガ)アメリカ=フランス合作

上映時間:1時間51分

 一家で漁業を営むろう唖の家族。家族の中で唯一耳が聴こえるルビーは、毎日午前3時に起きだして漁を手伝い、それから高校に通う日々。ただ、ルビーには歌の才能があり、名門音楽大学への進学を希望するのだが……。ドラマ。社会的視野を広げ、他者への想像力を醸成し、愛情をはぐくむ。また、音楽への理解と感性を培う作品として年少者向けに推薦いたします。
【PG12】簡潔な薬物使用の描写がみられるが、親又は保護者の助言・指導があれば、12歳未満の年少者も観覧できます。

推薦決定日:2021年9月15日

「リクはよわくない」(東京テアトル)日本

上映時間:1時間2分

 ある春の日、ぼくのうちに怖がりでやせっぽちの子犬のリクがやって来た。個性豊かなおにいちゃん犬たちに囲まれて、リクは元気を取り戻していく。アニメーション。生命の尊さ、思いやりの気持ちの大切さを自覚させ愛情をはぐくむ作品として、年少者向けに推薦いたします。

推薦決定日:2021年7月16日

「沈黙のレジスタンス ユダヤ孤児を救った芸術家」(キノフィルムズ)アメリカ=イギリス=ドイツ

上映時間:2時間

 1938年フランス北東部、マルセルは父の精肉店で働く傍ら、俳優になる夢を追っていた。ある日 彼は、想いを寄せる女性エマや兄のアレンから孤児院の手伝いを頼まれた……。後に「パントマイムの神様」として知られるマルセル・マルソーが第二次世界大戦中にレジスタンス運動に身を投じユダヤ人孤児を救った実体験に基づく物語。ドラマ。生命の尊さを自覚させる作品として、年少者(中学生以上)向けに推薦いたします。

推薦決定日:2021年6月18日

「ミュジコフィリア」(アーク・フィルムズ)日本

上映時間:1時間52分

 数年前に亡くなった高名な現代音楽家とその教え子だった母との間に生まれた朔は、認知もされぬまま母子二人で暮らしてきた。音楽を嫌い京都の芸術大学で美術を専攻するものの、ひょんなことから現代音楽研究部に入部することになるが……。青春ドラマ。音楽の視野を広げ、音楽への興味を醸成させる作品として、年少者向けに推薦いたします。

推薦決定日:2021年4月16日

「カラミティ」(リスキット)フランス=デンマーク

上映時間:1時間22分

 西部開拓史上、初の女性ガンマン“カラミティ・ジェーン”として知られるマーサ・ジェーン・キャナリーの子供時代の物語。アニメーション。生命・自然の尊さを自覚させ、社会的視野を広げ、知識・教養を養う作品として、年少者向けに推薦いたします。

推薦決定日:2021年3月19日

「僕が跳びはねる理由」(KADOKAWA)イギリス

上映時間:1時間22分

 自閉症の作家・東田直樹氏が13歳の時に執筆し、日本だけでなく、世界30か国で翻訳され、世界的ベストセラーとなった「自閉症の僕が跳びはねる理由」の文章を織り交ぜ、各国の自閉症の少年少女たちがどのように世界をとらえ、また彼らの行動の理由に迫っていく。ドキュメンタリー。生命の尊さを自覚させ、他者への想像力を醸成する作品として、年少者向け(中学生以上)、保護者向けに推薦いたします。

推薦決定日:2021年2月19日

「ブータン 山の教室」(ドマ)ブータン

上映時間:1時間50分

 教師の資格を持ちながらミュージシャン志望のウゲンは、ブータン北部の標高5千メートル付近にあるルナナという村の学校へ赴任することになった。ドラマ。愛情をはぐくみ、知識・教養を養い社会的視野を広げる作品として、年少者向けに推薦いたします。

推薦決定日:2021年2月19日

「瞽女 GOZE」(キッズ)日本

上映時間:1時間49分

 生後3ヶ月で失明したハルは2歳のとき父と死別。盲目の為に7歳で瞽女(盲目の女旅芸人)になる。それまでは優しい母であったトメは、障害を持つハルが自立して生きていくために心を鬼にしてハルに厳しく接する。ドラマ。この映画に描かれた時代背景や歴史的事実を保護者が知ることより、年少者の教育に資する作品として保護者向けに推薦いたします。

2020年2020年

2020年

推薦決定日:2020年12月18日

「ヒロシマへの誓い -サーロー節子とともに-」(3DAP Japan/「ヒロシマへの誓い」配給委員会)アメリカ

上映時間:1時間22分

 13歳の時に広島で被爆し、カナダ在住の被爆者として、88歳になった今も核兵器廃絶運動を続けるサーロー節子の生き方を追ったドキュメンタリー。生命の尊さを自覚させ、社会的視野を広げて知識・教養を養う作品として、年少者向けおよび保護者向けに推薦いたします。

推薦決定日:2020年11月20日

「ジョゼと虎と魚たち」(松竹=KADOKAWA)日本

上映時間:1時間38分

 趣味の絵と本と想像の中で、自分の世界を生きるジョゼ。幼いころから車椅子の彼女は、ある日、危うく坂道で転げ落ちそうになったところを、大学生の恒夫に助けられる。アニメーション。他者への想像力を醸成し愛情をはぐくむ作品として、年少者向けに推薦いたします。

推薦決定日:2020年10月16日

「普通に死ぬ ~いのちの自立~」(マザーバード/Cinema Sound Works)日本

上映時間:1時間57分

 手作りのグループホームで〈あたり前の暮らし〉を目指す重度障がい児とその家族を追うドキュメンタリー『普通に生きる ~自立を目指して~』の続篇。障がい者とその家族がおかれている環境や問題の理解に資する作品として保護者向けに推薦いたします。

推薦決定日:2020年9月18日

「ヒトラーに盗られたうさぎ」(彩プロ)ドイツ

上映時間:1時間59分

 ユダヤ人の家族はナチスから逃げるため、ベルリンからチューリヒ、パリへと向かうが……。9歳の少女アンナを通して描かれる逃亡と家族の物語。ドラマ。生命の尊さを自覚させ、社会的視野を広げる作品として年少者向けに推薦いたします。

推薦決定日:2020年7月17日

「スペシャルズ! ~政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話~」(ギャガ)フランス

上映時間:1時間53分

 自閉症ケア施設を運営するブリュノと、社会からはじき出されたティーンエイジャーを支援するマリク。2人は協力して、ドロップアウトした若者たちが自閉症の子供たちの世話をできるように訓練をしていたが……。ドラマ。社会的視野を広げ、他者への想像力を醸成し、愛情をはぐくむ作品であり、また、行動規範を身につけ正義感を高める作品として、年少者(中学生以上)向け、保護者向けに推薦いたします。

推薦決定日:2020年4月20日

「さよなら、ティラノ」(Media Castle Corp./東映ビデオ)日本

上映時間:1時間37分

 翼竜プテラノドンの女の子・プノンは、心優しいティラノサウルスのおじさん・ティラノと一緒に旅に出る。アニメーション。生命の尊さを自覚させ、倫理観・正義感を高める。また、他者への想像力を醸成する作品として、年少者向けに推薦いたします。

推薦決定日:2020年3月27日

「プレイモービル マーラとチャーリーの大冒険」(ツイン)フランス=ドイツ合作

上映時間:1時間39分

 プレイモービルの世界で姿を消した弟チャーリーを探すため、姉のマーラは様々なプレイモービル達と知り合い仲間となっていく。アニメーション。姉と弟の絆、仲間との友情をはぐくむ作品として、年少者に向けて推薦いたします。

推薦決定日:2020年3月27日

「子供たちをよろしく」(太秦)日本

上映時間:1時間45分

 中学生の稔は、父・辰郎、義理の母・妙子、そして義理の姉・優樹菜の4人家族。ある日、稔は家の中で、デリヘルの名刺を拾う。ドラマ。子供たちを取り巻く現実を直視し、社会に問題を投げかける作品として、年少者(高校生以上)と保護者・教育者に向けて推薦いたします。

推薦決定日:2020年2月21日

「最高の花婿 アンコール」(セテラ・インターナショナル)フランス

上映時間:1時間38分

 ヴェルヌイユ家の4人の娘たちが結婚した相手は、アラブ人・ユダヤ人・中国人、そしてコートジボワール出身の黒人青年だった。敬虔なカトリック教徒の両親はこれに頭を悩ませ、家族全員の食事会でも人種差別的な言動を繰り返していたが……。多様な人種や文化、宗教が混在するフランス社会を背景に、異文化同士の共存共栄や寛容を描くコメディドラマ。社会的視野を広げ、他者への想像力を醸成する作品として、年少者向け(中学生以上)に推薦いたします。

推薦決定日:2020年1月17日

「恐竜が教えてくれたこと」(彩プロ)オランダ

上映時間:1時間24分

 11歳のサムは、家族旅行で来ているオランダ北部の島で、母は偏頭痛、兄は怪我、父は兄を病院へ、そして一人取り残された。そこで彼は最後に死ぬのは一番若い自分だからと、一人でいる訓練を決意する。ドラマ。生命の尊さを自覚させ、他者への想像力を醸成し愛情をはぐぐむ優れた娯楽作品として、年少者向けに推薦いたします。

バックナンバーバックナンバー

2019年  2018年  2017年  2016年  2015年  2014年
2013年  2012年  2011年  2010年  2009年

◎映画制作関係者の方へ

申請の際のツールを提供しています。

ログイン


お問い合わせ・地図English

審査作品

審査作品のリストをご紹介しています。

審査作品の検索はこちら審査作品の検索はこちら

映画製作関係者の方へ

申請の際のツールを提供しています。

ログインログイン

>> 審査申込書(日本映画)

>> 審査申込書(外国映画)

>> 審査申込書(ポスター)




Copyright© EIRIN. All rights reserved.