メニュー

ご挨拶ご挨拶

ご挨拶

映画倫理委員会委員長 大木圭之介

映画倫理委員会委員長 大木圭之介

 言論・表現の自由は民主主義社会の基盤をなすものですが、近年、メディア規制の動きが加速しています。映画界は他のメディアに先がけて60年前に自主的な自律機関として第三者による倫理委員会を設け、言論・表現の自由を護るとともに社会や青少年に与える影響を考慮して、公開前に映画を審査して、映画がどの年齢層に向いているのかを観客に知らせてきました。現在は、R18+、R15+、PG12、Gの四つの区分に分類しています。「映倫マーク」は映画界が築いてきた日本の文化ともいえ、社会に浸透してきました。その間、1980年の「日活ロマンポルノ裁判」では、裁判所が「自主的な機関として映画の倫理水準の維持に真摯な努力を重ねてきて大きな成果をおさめている」と評価しました。
 一方で社会の価値観も変容します。「言論・表現の自由の確保」と「倫理を維持」を両立させることは決してやさしいことではありません。時には対立さえします。私たちはかつての検閲のような規制概念に陥ることなく、謙抑的な姿勢をもって難しい二つの目的を果たして行きたいと思っております。また、委員長の諮問機関である「年少者映画審議会」では未成年者に見てほしい優れた映画を推薦するなど、社会の貴重な装置としてより信頼される映倫を目指して努力してゆく所存です。



大木圭之介 (おおき けいのすけ)
1940年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。NHK社会部記者、編成局主幹、放送文化研究所所長を経て、1997年、BRO理事、BPO専務理事。2004年、退任。2005年から2011年まで椙山女学園大学教授。2005年、映倫委員に就任。2009年より委員長。

◎映画制作関係者の方へ

申請の際のツールを提供しています。

ログイン

お問い合わせ・地図English

審査作品

審査作品のリストをご紹介しています。

審査作品の検索はこちら審査作品の検索はこちら

映画製作関係者の方へ

申請の際のツールを提供しています。

ログインログイン

>> 審査申込書(日本映画)

>> 審査申込書(外国映画)


Copyright©2017 EIRIN All Rights Reserved.